22LR(22口径ロングライフル弾)です、これは名前の通り22口径のライフルに使用する弾です、22口径にはこの他にも22ショートなどがありますがこれはハンドガン(拳銃)に使用する弾の為にライフル系には使えないことも多いので注意が必要です、弾に関してはそれこそ星の数ほど種類があるので気をつけてください、口径の合わない弾を使用すると危険です。

22口径は日本では空気銃の弾の延長くらいに考えている人も多いのですがそれは大間違いです、火薬を使用しますので威力はもちろん人を射殺できる威力はあります、22口径は弾は小さく感じますが多くの弾がホローポイント弾になっています、ホローポイントは弾が身体にぶつかった時に弾はつぶれるように設計されています、ですので弾は当たった時につぶれて広がるわけです、当たった弾は広がった分だけ広範囲に対象の傷口を大きくします、ホローポイント弾は軍隊では禁止されていますが狩猟に関しては22口径自体の威力が小さい為に許可されているわけです、

弾が小さいので当たってもたいしたことないだろう、と思う方が多いのですが人間が弾に当たり死んでしまうという確立は22口径だろうとライフル弾だろうとあまり変わりはないです、人間の場合動物と違い知性があり撃たれたという認識力があります、動物の場合は認識力がない為体の機能が停止するまで動けるのですが、人間の場合は違います、撃たれた!と思うと同時にショック症状が始まります、これは心肺機能の低下を招いたり、反対に心臓の鼓動が早くなることで出血を早めたりします、これらの症状が致命傷になり心臓が止まったり失血を早めたりするわけです、ですので22口径だからといって軽はずみに考えるのは大間違いです。

また22口径の特徴として発射音が小さいということが挙げられます、ですので特殊部隊、暗殺に使用されることも多いです、パウダー(火薬量)を減らし弾が音速を超えないように調整し(亜音速弾)更に銃口にサプレッサー(消音器)を取り付けることで22口径の場合は銃のボルトの上下運動の音のみが聞こえるくらいまでに消音が可能です、それでも銃の扱いに慣れてる人間であれば確実に相手を倒すことが出来ます、例として日本では浅間山荘事件での警官への銃撃で殉職した警官は22口径のライフル弾で撃たれています。

アメリカでの22口径の弾ですが安価なこともあり民間では1番購入されている弾です、射撃練習に使用されることが多いです、狩猟ではさすがに22口径では鹿や熊を仕留めるのは難しいので使われません、あと22口径のいい所は射撃練習用に各メーカーがコンバーターキット(口径変換用キット)を多く出していることです、コンバーターキットというのは例えば45AUTO弾を使用するガバメント等のハンドガンがあります、そのガバメントのバレル、スライド、マガジン等を22口径用のパーツに変えることで22口径も撃てるようになります、45AUTO弾などは弾自体が高価な為練習ではコンバーターキットを使用して22口径で練習するということもできるわけです。
ミリタリー ミリタリージャケット ミリタリーパンツ ミリタリー装備 ミリタリーヘルメット フライトヘルメット フライトジャケット フライト装備 ミリタリー実物 ポリス ポリスジャケット ポリスパンツ 警察 消防 LAPD LAFD CHP ビンテージ ビンテージクローズ ビンテージジャケット バイクヘルメット ビンテージヘルメット 実弾射撃 ガンツアー 射撃ツアー 野外射撃 ロサンゼルス射撃ツアー LA アメリカ USA ロサンゼルス調査 ロサンゼルス リサーチ ミリタリー資料 フライトジャケット資料 フライトヘルメット資料 ミリタリージャケット資料 ミリタリーパンツ資料 ミリタリーシャツ資料 ミリタリーヘルメット資料 ガン資料 銃資料 銃の扱い方 実弾射撃の注意 m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16 m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16   m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16  m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16 AR 15 M−16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 AR 15 M−16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真  AR 15 M−16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 実銃 実弾 銃の扱い方 銃とは 銃取り扱い 銃とは 銃取り扱い  銃とは 銃取り扱い   銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 実銃 実弾 銃の扱い方 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 実銃 実弾 銃の扱い方 実銃 実弾 銃の扱い方 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 実銃 実弾 銃の扱い方 弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾  弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾 弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾  弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾 弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾  弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾  弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾 弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾  弾 実弾 解説 種類 弾の種類 弾の解説 弾とは 弾丸 弾薬 22口径 38口径 40口径 45口径 ソ連 223弾 5.56mm NATO 雷管 薬莢とは 22LR 38SP 45AUTO 9mm弾  
REALCOMPANY ホームページへようこそ、REALCOMPANYではアメリカ ロサンゼルスで買い付けた、実物を販売しています、
ミリタリー ポリス ファイヤーファイター ビンテージ物等魅力的な商品を揃えていますので是非ご覧ください
REAL COMPANY 射撃ツアーで使用する弾の解説です
リアルカンパニーに掲載の資料・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は米国の著作権法並びに国際条約により保護されています
7.62X25 Ammo  Russia
7.62X25 弾
Black Hawk 357.Cal の弾について
Bush Master M4 Rifle

Remington M700 Sniper Rifle

223 Remington .       5.56mmX 45mm NATO
223 レミントン弾(民間用)   5.56mmX45mm NATO(軍隊 政府機関用)
Ruger Black Hawk 6inch Model
.357 S&W Magnum(.357 Smith & Wesson Magnum)
.357 マグナム弾 
Ruger Black Hawk 6inch Model
Colt Police Positive 4inch Model
 
38Spl 38Spc(38.Smith & Wesson Sp)
38スペシャル弾(38.スミス & ウェッソン スペシャル)
45ACP(Automatic Colt Pistol) 45AUTO
45Auto弾
40S&W(40 Smith & Wesson)
40S&W 弾 
9mm Lugerはセンターファイヤー方式になります、矢印のところプライマー(雷管)を叩くことにより発火します
9mm Luger
9mm ルガー弾 
22LR (Long Rifle RimFire Ammo)

リアルカンパニーホームページはこちらをクリック

7.62X54R Ammo  Russia
7.62X54R 弾
RealCompany射撃ツアーで使用する弾の種類
22LR (22 Long Rifle)
22口径 ロングライフル
7.62x25mm トカレフ弾(TOKAREV)は拳銃の弾では今では珍しいボトルネック型です、ボトルネック型というのはライフル弾のように薬莢の先端がくびれているタイプの事です、この弾はドイツのマウザー弾を参考にして作られた弾で歴史は古く1930年からの製造になります、現在はストレートネック型の弾が拳銃弾ではほとんどですので珍しい型と言えます、この弾を使用するのは共産圏の拳銃ばかりで旧ソ連のTT-33トカレフ拳銃等に使用されます。

この弾の特徴は初速が早い事で西側の代表的な弾 9mmパラベラムが360m/sに対しトカレフ弾は400m/sとなっています、この特徴ゆえにトカレフは防弾チョッキを貫通しやすい等の話が出るわけですが、確かにケブラー繊維は初速の早い高速弾に対しては貫通しやすい弱点があるのは確かなようです、またトカレフ弾は共産圏で製造された弾は銅をあまり使用せず鉄芯を使用していたという経緯があります、この鉄芯の弾が計らずも貫通力を高めたという事でトカレフ弾はケブラー製防弾チョッキを簡単に貫通するという話が広まったのです、ですので西欧圏で作っている銅芯系の弾では同じような貫通効果は得られません。
中国等ではこの鉄芯の弾の威力に着目していまだに軍では生産されている弾ですね

トカレフ弾の撃った感触ですが、反動も大きく射撃音も鋭いです、これはトカレフTT-33ハンドガンのくせにもよるのですが小さめのグリップといいハンドガンが手の中で跳ねる感じですね、手の大きな外人には返って扱いにくいハンドガンですが日本人のように手の小さな人には扱い易いハンドガンです。
個人的には小さめのグリップ、鋭いリコイル等好きですね。、
この弾頭と薬莢の間がくびれていいますね
これをボトルネック型と言います
357 CAL
357マグナム弾

38 SPL
38口径弾

Black Hawk 357.Cal の弾について詳しい解説はこちら
このBlack HawKは使用する弾は357.Calです、357マグナム弾が使用出来るということですね、また知らない方も多いと思いますが357マグナム弾使用のハンドガンは38Spl.の弾も撃てます、これは357マグナムと38Spl.の弾の直径が同じだからです、ただ357マグナム弾使用のハンドガンで38Splは撃てますが、38Spl専用(38口径)使用のハンドガンで357マグナム弾は撃てません。

357マグナム弾と38Spl弾ではもちろん威力が違います、357マグナム弾のほうが火薬(パウダー)の量が多いので単純に初速、威力ともに増すわけです、それにともなって357マグナム弾のほうが反動も大きく銃のコントロールは難しくなりますがストッピングパワーも増しますのでアメリカでは人気がありますね、

まあ女性向きのハンドガンではないです、特にブラックホークのように昔の西部劇の時代のデザインのシングルアクションハンドガンではグリップも握りにくいので357マグナム弾を撃つと反動と衝撃で銃を離してしまったりすることもあります。
また357マグナム弾は弾の値段が高いので練習用には38.SPL弾を使うというエコノミーな特色もあります。

弾の全長の違いですが357マグナム弾は規定の全長は1.59インチ(40mm)薬莢長が1.29インチ(33mm)で38.SPL弾は全長は1.55インチ(39mm)薬莢長が1.15インチ(30mm)となっています。
こちらは40S&W弾(40 Smith & Wesson)になります、この弾は9mm ルガーと45ACP(45AUTO)の中間に位置する弾と当初は開発されたものです、歴史は浅く開発は1990年ですのでつい最近ですね、銃器メーカー大手のスミス&ウェッソンにより世に出ました、出た当初はマイナーな弾に位置して人気もなく40S&W弾を使用する銃も少なかったのですが現在では45ACPよりも小さい為ダブルカラムマガジン(多弾装填マガジン)に対応できる、9mmよりも威力が大きい、45ACPよりも弾が安い等で人気を得ています、ポリス系でも9mmよりも威力を求める声が多くなり40S&W使用のハンドガンを採用するポリスも多くなっています、40S&Wを使用するハンドガンも多いのですが有名なところではグロッグ等ですね、このSteyer M40も40S&W弾を使用するポリマーフレーム(強化プラスティク製フレーム)ハンドガンになります。

S&Wによると40 S&W弾は45ACPよりも反動は少ないが威力は同等と謳っています、ですが撃ったフィーリングはほとんど同じです、反動も大きくストッピングパワーは大きいですね、ただ弾の値段の安さはとても助かりますね45ACPは高すぎます。
Steyr M40の射撃フィーリングはリコイルも大きいのですが弾道は素直です、低伸性がいいのでよく当たります、
9mm ルガー弾です、拳銃用に開発された弾丸で弾体直径が9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので9X19mmと表示されることもあります、特徴としては弾道の低伸性に優れ比較的反動が小さいです、ただ反動は銃によって変わりワルサーP−1では反動はよく抑えられコントロールしやすいのですがCZ75BDでは反動が大きく連射すると慣れていないとターゲットになかなか当たりません、これは2丁の機構の違いだと思います。

9mm ルガーは現在では世界でもっとも使用されている弾薬と言ってもいいと思います、戦後は9mm使用のサブマシンガンが多く開発されたこともあり(ウージーサブマシンガン ヘッケラー&コッホ MP5等)、また弾が小さくハンドガンの多弾装マガジンの流行とともに多くのハンドガンが使用する弾になっています、リアルカンパニー所有のCZ75Bも本来は多弾装填マガジンに15発 入るんですが、カルフォルニア州ではダブルカラムマガジン(多弾装填マガジン)は禁止されてるのでこのCZ75BDが10発装填改造マガジンになります、9mm ルガーは世界でもっとも使用される弾丸のひとつで各国のポリス、最近ではアメリカ軍も9mm使用のベレッタ 92F(アメリカ軍の使用するハンドガンの名称はM9)を採用し全軍に支給しています、ポリスもベレッタ 92Fが制式支給されているところも多いですね、ただ最近ではシールズ(SEALS)等の特殊部隊の話ですが9mmではストッピングパワー(弾が当たった時に相手を動けなくするパワー)が足りないと45オート(ガバメント45)などに変える隊員も多いと聞きますが元々アメリカ人は45AUTO弾に心陶してますのであまり参考にはならないと思います。


これはアメリカ人大好き!の45ACPです、歴史からお話するとアメリカ陸軍が採用していた38口径リボルバーの弾の威力が疑われだしたことから起因します、1898年米西戦争が勃発した時にフィリピンでのモロ族の反乱を鎮圧に向かったアメリカ陸軍が打ち倒しても立ち上がって向かってくるモロ族に対し、これは弾の威力が不足なのではないか?と思ったことが原因です、ここからアメリカ陸軍の制式拳銃を変更すべし、という意見が出てきます、陸軍としては打撃力の強い45口径を採用したかったので新たな弾薬を開発する必要が出たわけです、そこで採用されたのは45ロングコルト弾を短縮しセミオートハンドガンに適合する45Auto弾が開発され傑作拳銃のM1911ガバメントが誕生します、アメリカでは45口径信仰という言葉も生まれるほど広く普及しますがヨーロッパでは反動が大きい、弾数が少ないなどの理由であまり人気はありません、ですがアメリカに銃を輸出するメーカーにとっては45ACPがないと売れないことも多いので多くのメーカーが、45ACP使用のハンドガンをカタログに載せています。

またACP弾の特徴としては、弾の初速速度が亜音速(音速を超えない)なのでサイレンサー、サプレッサー(消音器)を使用したときに音が9mmより小さくなります、9mmは超音速初速ですので音を消すのが45ACPよりも難しいです、特殊部隊等によく使用されるのはその辺の理由もあるのかもしれません、
45ACPがよくストッピングパワーに優れるというのは弾頭の大きさもあり打撃力に優れるからです、9mmと違い貫通するより体内に留まることが多いからです、ただ防弾ベストに対しては弾のスピードが遅いぶん9mmなどに比べ貫通力は劣ります

射撃のフィーリングですが1911ガバメントはさすがに名銃と言われることはあります、とにかく反動を抑えてくれます、45ACPは火薬量も多いので反動も大きくなるはずですが1911ガバメントはロングバレルということもありバランスの取れた銃です反動は少ないし連射でのコントロールも容易です、弾の低伸性も素晴らしいです、これはやはり1911ガバメントの設計が優れていると言えると思います、以前コルトコンバットコマンダー
45ACPを撃ったことがありますが、反動は大きいし撃った瞬間に拳銃は手から飛び出すような衝撃です、これはショートバレルということがかなり関係してきます、45ACPを使用する銃でベストはやはり1911ガバメントですね。
38Spl 38Sp38スペシャル弾 
38スペシャル弾はアメリカの銃器メーカー スミス&ウェッソン社により開発されたリムドセンターファイヤー弾薬です、主にリボルバーに使用されます、この弾はアメリカの警察関係に制式採用され1920年代から1990年代まで使われました、現在ではアメリカの警察関係で使用しているところは少なくなっています、アメリカのポリスの現在の主流はダブルカラムマガジン(多弾装填)の出来るベレッタ92F グロッグ17など9mmハンドガン、もしくは40S&W 45Autoなどのストッピングパワーに優れた弾に変わっています。
日本の警察はいまだに38スペシャル弾が使用され現役ですね、日本はナンブ拳銃などの国産拳銃が今だに主流で基本的に拳銃の種類は選べないですね。

38スペシャル弾ですが、口径は.357インチから.358インチで実際の寸法は口径ではなく、薬莢の直径を表します、あと特色として弾の互換性があるということです、例えば357マグナムを使用するハンドガンでは38SP弾も問題なく撃てます、これは練習に使う弾として便利なのです、357マグナムは弾薬が高価ですので38SP弾を使用して射撃練習をする、ということも出来るわけです、ただその反対に38SP弾のハンドガンでは357マグナムは撃てません、これはもちろんマグナム弾のほうが火薬量が多く高い圧力で発射するからです、ただ357マグナム弾は38Sp弾より長いので元々シリンダーに入りません、これはもちろん危険防止の為です。、
これは357マグナム弾です、1934年に38SP弾を基に開発されました、38SPと357マグナムは異なる口径と思われがちですが実は同じ直径です、両方共に0.357インチ(9.1mm)で357マグナムとの違いは長さです、357マグナムのほうが弾の全長は長いので38SPよりも無煙火薬が詰められます、ここで威力の違いが出てくるわけです、更に大きな特色として357マグナム弾を発射出来る拳銃は38SPも使用できます、これは大きな利点で357マグナム弾は高価な弾ですので射撃練習等に使用する弾は38SP弾、ハンティング等に使用する時は357マグナム弾と使い分けが出来ます、ですのでリアルカンパニー所有のルガーブラックホークは元々357マグナム弾を撃つハンドガンですが38SP弾も撃つことが出来るわけです、ただ気をつけなくてはならないのは38SP弾が指定のハンドガンで357マグナム弾は撃てないということです、リボルバーの場合は弾の全長の長さが違うので357マグナム弾自体が38SP弾用のハンドガンには入りません、これは一種の安全策です。

357マグナム弾の射撃ですが38SP弾を撃った後に射撃するとその反動の違いに驚くと思います
38SP弾は非常にコントロールしやすく連続して射撃時の初弾を撃ったあとの次弾の照準もつけやすいのですが、これが357マグナムになると撃った時の反動が激しく銃口がかなりそれますので次弾射撃時にはまた照準をつけるのに時間が掛かります、速射時のコントロールのし易さはやはり38SP弾のほうがいいですね、
223 レミントン弾のことを話す前にまず5.56mmX45mm NATO弾の話をしなければなりません、当時はNATOで使用されていた軍用弾は7.62X51mm弾でしたが、この弾が反動が強すぎると苦情が多く寄せられます、そこでNATOでは新しい弾薬の採用を考えます、そこでトライアルにあがったのが民間用の弾だった222 レミントン弾でした、ただこれは数々のトライアルの中でアメリカ陸軍省からの採用基準に満たず、ここでウインチェスター社から提案されたのが全長を伸ばし火薬のパウダー量を増やした 223 レミントン弾です、これは性能が認められ制式に5.56mmX45mm NATO弾として採用されます、この後この弾を使用したM16ライフル等に使用され軍用弾としておおきく市場を伸ばします。
223 レミントン弾と5.56mmX45mm NATO弾ですが、同じ全長の弾ですがパウダー量は5.56mmのほうが多く初速、遠距離での威力共に5.56mmが大きいです、また民間用に223 レミントンの販売が許可されたのは1964年です。

223 レミントン弾用のライフルで5.56mm弾を使用するのは推奨されません、ライフリングの溝の形が違う為にライフリングを痛める可能性があります、5.56mm弾を撃つライフルのほうがパワフルな弾を使用するだけに設計は変えてあるのです、民間用のM16ライフルでもメーカーが5.56mm弾を撃てるように設計しているものもありますが、その場合はバレルに明記してありますので注意が必要です。また5.56mmと223の違いですが薬莢の厚さを変えてあります、5.56mmは薬莢の厚さを厚くしてパウダー量を増やしたことによる圧力に耐えますが、223の場合はパウダーも減らしているので薬莢の再使用等の時にはパウダー量を厳密に測る必要があります

5.56mmは西側の軍用弾として普及してますが威力からいうと優れた弾というわけではありません、軽量の為遠距離射撃には向きませんし弾は高速弾ですが必中距離はせいぜい300mというところです、遠距離になると弾自体が軽いために風等の影響を受け易いのです、では何がメリットかと言うとずばり軽量ということに尽きます、現在の戦争では弾の消費量が増大し兵士一人を倒すにも多くの弾を使用します、平均値では兵士一人を倒す為に使用する弾は2万発といわれています、戦争ではそれだけ多くの弾が消費されるわけです、それにともない兵士一人が携行できる弾の数を増やさなければなりません、そこで採用されたのが5.56mm等の軽量の弾なんですね
357
Magnum
40S&W
7.62x54R
7.62X54R弾はいまだに東欧圏で使用されている息の長い弾です、使用されている銃器としては PKM機関銃、ドラグノフ狙撃銃などです、7.62X54Rが採用されたのは1891年のロシア帝国ですから実に120年以上も現役で活躍している弾薬で世界最長の年月を誇ります。
弾の威力としてはウインチェスター308クラスに匹敵し強烈なパワーを誇ります、低伸性に優れ遠距離まで威力が持続する為にドラグノフ狙撃銃や狩猟用ライフルとしても人気があります、狩猟用としては中型から大型の動物にも使用出来るとされています、最近の軍用銃の弾の軽量化によるパワーダウンとは違いますね、
第2次世界大戦では有名なスターリングラード攻防戦などでソ連のスナイパーが使用したモシンナガンライフルに使用されその低伸性 弾の大きさなどからの遠距離でも落ちないパワー等から多くのドイツ兵が狙撃による犠牲になり戦闘の行方を左右したとも言われています、

7.62X54Rの射撃のフィーリングはとにかく反動が強いです、M4等の223弾と比べるとよくわかりますが肩にガツン!ときます、5発も連続して射撃するともう肩が痛くなりますね、ですが銃を射撃してると実感出来るのがいいところです、やはり現在の弾は反動が少なく長時間の射撃でも疲れずそれはそれでいいと思うのですが射撃の反動が実感できるのはやはり楽しいです、ガツン!とくる反動を楽しむのがこの弾の醍醐味でしょう、
CZ75BD 9mm Luger
Walther P38 .P1 9mm Luger
ワルサー P1
9mm Parbellum Bullet .9mm Luger
9mm パラベラム弾 9mm ルガー弾
40S&W弾
45ACP はセンターファイヤー方式になります、矢印のところプライマー(雷管)を叩くことにより発火します
Spring Field Armory A1 WW2 Model
1911 ガバメントモデル
45ACP 
45Auto
.357 S&W Magnum.357マグナム弾
223
Remington
38SP
45Auto
45ACP
9mm
22LR
223 レミントン弾はセンターファイヤー方式になります、矢印のところプライマー(雷管)を叩くことにより発火します
22LR(22ロングライフル弾)Rim Fire
弾を後ろから見た写真ですが、この弾は
リムファイヤー方式と言う弾の種類になります、センターファイヤーのようにプライマー(雷管)を叩くのではなく後ろの面のどの部分を叩いても発火します、構造が単純な分だけ弾も安いわけです
H&K MP5 22LR  Semi Auto
ヘッケラー&コッホ社製 MP5 
22ロングライフル弾使用(22LR)
Zippo
40S&Wはセンターファイヤー方式になります、矢印のところプライマー(雷管)を叩くことにより発火します
38Spl  はセンターファイヤー方式になります、矢印のところプライマー(雷管)を叩くことにより発火します
このページではRealCompanyで使用する弾の解説をしていきます、RealCompany 射撃ツアーで使用する弾薬ですので射撃ツアーに参加を考えてる方は是非ご覧になってみてください、数種類の弾がありそれぞれの特性なども説明してます、アメリカでは銃文化も発達してスポーツとして定着してますので趣味としての銃は奥が深いです、それに比例して弾の種類も膨大な数にのぼります、ブラックパウダー(先込め銃)なども普通に射撃場で撃つ人も見られますし、リロード(弾の再装填)も多くのアメリカ人がやってます、その際パウダー(火薬量)調整なども行いますので一口に銃、弾薬と言ってもかなり奥が深い趣味です。 
357マグナム弾はセンターファイヤー方式になります、矢印のところプライマー(雷管)を叩くことにより発火します

copyright c Real Company All rights reserved

Steyr M40
7.62X54R弾はセンターファイヤー方式になります、矢印のところプライマー(雷管)を叩くことにより発火します