ミリタリー ミリタリージャケット ミリタリーパンツ ミリタリー装備 ミリタリーヘルメット フライトヘルメット フライトジャケット フライト装備 ミリタリー実物 ポリス ポリスジャケット ポリスパンツ 警察 消防 LAPD LAFD CHP ビンテージ ビンテージクローズ ビンテージジャケット バイクヘルメット ビンテージヘルメット 実弾射撃 ガンツアー 射撃ツアー 野外射撃 ロサンゼルス射撃ツアー LA アメリカ USA ロサンゼルス調査 ロサンゼルス リサーチ ミリタリー資料 フライトジャケット資料 フライトヘルメット資料 ミリタリージャケット資料 ミリタリーパンツ資料 ミリタリーシャツ資料 ミリタリーヘルメット資料 ガン資料 銃資料 銃の扱い方 実弾射撃の注意 m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16 m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16   m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16  m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16 AR 15 M−16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 AR 15 M−16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真  AR 15 M−16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 リボルバー ルガー シングルアクション 西部劇 ハンドガン 銃の扱い方 リボルバー ルガー シングルアクション 西部劇 ハンドガン  銃の扱い方 リボルバー ルガー シングルアクション 西部劇 ハンドガン 銃の扱い方 リボルバー ルガー シングルアクション 西部劇 ハンドガン 銃の扱い方 リボルバー ルガー シングルアクション 西部劇 ハンドガン 銃の扱い方 リボルバー ルガー シングルアクション 西部劇 ハンドガン 銃の扱い方 リボルバー ルガー シングルアクション 西部劇 ハンドガン  
Black Hawk 357.Cal の弾について
スターム ルガー社製 ブラックホーク ハンドガンの細部
Sturm Ruger & Co INC BLACKHAWK Single Action Revolver  
ルガー社 ブラックホーク 38SP 357MAG シングルアクション リボルバー
  6.5インチ
REALCOMPANY ホームページへようこそ、REALCOMPANYではアメリカ ロサンゼルスで買い付けた、実物を販売しています
ミリタリー ポリス ファイヤーファイター ビンテージ物等魅力的な商品を揃えていますので是非ご覧ください

リアルカンパニーホームページはこちらをクリック

リアルカンパニーに掲載の資料・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は米国の著作権法並びに国際条約により保護されています
この写真は反対に38.SPL弾専用のハンドガンに357.マグナム弾をシリンダーに入れたものですが357.マグナム弾は入っていきません、これはもちろん38.CAL弾の銃で357.マグナム弾を撃てないようにする安全装置です、357.マグナム弾は薬莢の全長が長いのでシリンダー内には入らないわけです。

38.SPL専用のリボルバーで357.マグナム弾を撃つともちろん危険です、38.SPL弾の銃身が357.マグナム弾の圧に耐えられないので銃身の破裂等を起こします、
38.SPL弾専用の銃身と357マグナム弾用の銃身では厚みが全然違います。

38 SPL
38口径弾

38.SPL弾

357.マグナム弾

357 CAL
357マグナム弾

38 SPL
38口径弾

38 SPL
38口径弾

このBLACK HAWKは使用する弾は357.Calです、357マグナム弾が使用出来るということですね、また知らない方も多いと思いますが357マグナム弾使用のハンドガンは38Spl.の弾も撃てます、これは357マグナムと38Spl.の弾の直径が同じだからです、ただ357マグナム弾使用のハンドガンで38Splは撃てますが、38Spl.専用(38口径)使用のハンドガンで357マグナム弾は撃てません。

357マグナム弾と38Spl弾ではもちろん威力が違います、357マグナム弾のほうが火薬(パウダー)の量が多いので単純に初速、威力ともに増すわけです、それにともなって357マグナム弾のほうが反動も大きく銃のコントロールは難しくなりますがストッピングパワーも増しますのでアメリカでは人気がありますね、

まあ女性向きのハンドガンではないです、特にブラックホークのように昔の西部劇の時代のデザインのシングルアクションハンドガンではグリップも握りにくいので357マグナム弾を撃つと反動と衝撃で銃を離してしまったりすることもあります。
また357マグナム弾は弾の値段が高いので練習用には38.SPL弾を使うというエコノミーな特色もあります。

弾の全長の違いですが357マグナム弾は規定の全長は1.59インチ(40mm)薬莢長が1.29インチ(33mm)で38.SPL弾は全長は1.55インチ(39mm)薬莢長が1.15インチ(30mm)となっています。
357 CAL
357マグナム弾
ハードウッド グリップ

38 SPL
38口径弾

357 CAL
357マグナム弾
357 CAL
357マグナム弾
写真にように357.CALと38.SPLでは弾の全長が違います、長いほうがそれだけ火薬(パウダー)量を増やせるので威力が増すわけです

シリンダー前面から見ると38.SPL弾のほうが全長が短い為に中に引っ込んで見えます、ただ撃つぶんには問題はありません
357.CAL シリンダーに弾を入れると直径は同じ為にすっぽりと入ります
このように銃のサイドに撃てる弾の種類は明記してあります、ブラックホークの場合 357 CALとありますね、これは357マグナム弾が撃てるという事です
フィールドストリップ

通常だと射撃終了後はここまで分解してから掃除を行います
このように1発撃つごとにハンマーをフルコックにする動作が必要になります
これがハンマーをフルコック状態にした写真です、
弾の装填が終わったらシリンダーゲートを閉じます、このときはまだフィンガーセーフティーのままです、次にハンマーをハーフコックからフルコックへと引いてあげます
次に弾の装填の為の作業に入ります、まずフィンガーセーフティーを守ったまま、ハンマーを引き、ハーフコック(半引き状態)にします、これはハンマーを最後まで引かず、中間で止めることです、ハンマーは2段階に引くことが出来ます、ハーフコックにすることにより、シリンダーのロックは外れます、これで弾が装填できる状態となります
次にシリンダーゲートを開けます、その次にエジェクターロッドを押し下げることにより空薬莢はシリンダーより俳夾されるわけです
全弾撃ち終わったのを確認してまた指をトリガーガードの外に出す、フィンガーセーフティーに戻します
このように1発ずつ弾を込めていきます、この作業は今ではシングルアクションのみでしか出来ない作業です、1発ずつ込めていくのはオールドウエスタンの雰囲気がじわじわと感じられます、
弾を全弾俳夾したのが確認できますね、シリンダーに弾が残ってないことを確認後銃を置き射撃は終了となります
ご苦労様でした。
反対の角度からの写真でシリンダーロッドを押し下げてるところです
次に弾を俳夾する作業に入ります、これもシングルアクション独特の操作です、まずハンマーをハーフコックにします、これでシリンダーはフリーになります
ターゲットに銃を向け射撃開始です、ここで初めてトリガーガード内に指を入れトリガーに指を掛けてください、ブラックホークはシングルアクションですので1発撃つごとにハンマーを起こす動作が必要になります
弾は6発装填出来ます、この銃は使用する弾は357マグナム弾ですが、38SP弾も使用できます、薬莢のサイズは両方共に同じサイズで弾頭の長さが357マグナム弾のほうが長くなっています、もちろん火薬の量も違いますので357マグナム弾のほうがパワーも大きく貫通力も優れるものとなっています、ただ弾の値段の違いが大きいです、357マグナムのほうが値段は何割も高くなります
ハーフコックで止めてシリンダーゲートを開いた状態です、シリンダーの中には弾は装填されていないのが確認できます、シングルアクションはダブルアクションと違い、シリンダーは外に出ません、この状態でシリンダー自身を回転させ弾を込めていくわけです、シリンダーゲートは矢印の方向に押し下げます、そこで初めてシリンダ−の内部が見えるわけです
シリンダーフレーム
バレル 6.5インチ
グリップフレーム
エジェクターハウジング
シリンダーゲート
まずはブラックホークをフィンガーセーフティーを必ず守り、手に取ってみてください、まだ弾は装填されていません

フィンガーセーフティー(トリガーガードから指を外しておく事)
357マグナム シリンダー
ハンマーはハーフコックの状態です

ブラックホーク シングルアクションリボルバーです、スターム ルガー社の製品で根強い人気を誇るモデルです、機構はシングルアクションのみでコルトのSAAのコピー製品という位置ずけですが、スターム ルガー社独自のデザインで現代風の味付けがなされています、まず暴発防止機構がつきます、これはシングルアクション特有のファイヤリングピンが直接雷管を叩くことがないようにファイヤリングピンは独立機構となっています、これはシングルアクションの拳銃が俳夾する時にハーフコックを使用する時の暴発防止に大きな働きをします、次に大きな特徴が調節機能のついたサイトです、西部時代の拳銃はサイトは固定式ですのでルガーは現代風のデザインを採用してサイトも調節機構つきです、これはハンターにもっとも支持され現在では多くのハンターが使用するサイドアームとして使われています、またブラックホーク系列のラインナップには多種の弾丸が使用できます、ブラックホークには38SP、357マグナム、9mm、41マグナム等があり特に新型のブラックホークはシリンダーが2つつくコンビネーションモデルも発売され357マグナム、と9mmはシリンダーを交換することによって1つの銃で両方の弾が撃てるというお得なモデルも出ました、バレルも4.6インチ 5.5インチ 6.5インチ 7.5インチなど選ぶ楽しみもあるハンドガンです、リアルカンパニー所有のブラックホークは6.5インチモデルです。
ちなみにスターム ルガー社はドイツのルガー08拳銃と混同されることが多いのですが、まったく関係ありません、スタームルガー社はアメリカの後発メーカーです。
射撃してみた感想ですが、反動も少なく撃ちやすいです、バレルが6.5インチなのが大きく作用していますがバレルが長くなるほど反動は吸収されやすくなります、これが4インチだと反動も更に大きくなりますが精密射撃などには6.5インチはベストだと思います、38SP弾はほとんど反動を吸収してくれます、357マグナム弾はさすがに反動も大きくなるのですが2インチなどと比べるとコントロールはしやすいです、ブラックホークはウエスタンスタイルの銃ですのでグリップも現代銃のように反動を吸収するようには考えられていません、ですが6.5インチバレルとの相性の良さで
バランスの取れた名銃になってますね、マグナム弾を使用してのコントロールのしやすさはさすがにハンター達が好んで使用する銃だと思います、

copyright c Real Company All rights reserved

フルコック状態です、1発ごとにこの動作を繰り返しますがこれがシングルアクションの醍醐味です
ベースピン
ハンマー