ミリタリー ミリタリージャケット ミリタリーパンツ ミリタリー装備 ミリタリーヘルメット フライトヘルメット フライトジャケット フライト装備 ミリタリー実物 ポリス ポリスジャケット ポリスパンツ 警察 消防 LAPD LAFD CHP ビンテージ ビンテージクローズ ビンテージジャケット バイクヘルメット ビンテージヘルメット 実弾射撃 ガンツアー 射撃ツアー 野外射撃 ロサンゼルス射撃ツアー LA アメリカ USA ロサンゼルス調査 ロサンゼルス リサーチ ミリタリー資料 フライトジャケット資料 フライトヘルメット資料 ミリタリージャケット資料 ミリタリーパンツ資料 ミリタリーシャツ資料 ミリタリーヘルメット資料 ガン資料 銃資料 銃の扱い方 実弾射撃の注意  ショットガン 資料 写真 細部 説明 実銃 実弾  ショットガン 資料 写真 細部 説明 実銃 実弾  ショットガン 資料 写真 細部 説明 実銃 実弾 ショットガン 資料 写真 細部 説明 実銃 実弾  ショットガン 資料 写真 細部 説明 実銃 実弾 ショットガン 資料 写真 細部 説明 実銃 実弾 ショットガン資料 撃ちかた 写真 散弾銃ショットガン 資料 写真 細部 説明 実銃 実弾 ショットガン資料 撃ちかた 写真 散弾銃ショットガン 資料 写真 細部 説明 実銃 実弾 ショットガン資料 撃ちかた 写真 散弾銃ショットガン 資料 写真 細部 説明 実銃 実弾 ショットガン資料 撃ちかた 写真 散弾銃銃銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料
銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料銃の不良 弾の不発 銃資料Primer Ammo 銃の問題 不発弾 銃の問題 実銃資料 実銃質問 銃の事故 GUN ACCIDENT 弾の資料
銃撃戦での弾の不発に関しては命に直結する問題です、戦場においても犯人逮捕においても銃撃戦をしていて弾が出ないというのは頭が真っ白になるほどの衝撃です、そこでハンドガンによってその後の不発弾の処理に要する時間が違うというのはやはり重要な事項だと思います。

まずリボルバーとセミオートハンドガンの処理時間の違いですがこれは圧倒的にリボルバーの勝利ですね、リボルバーは構造が単純なだけに不発が出てもそのままトリガーをひけばシリンダーは回転し次弾を発射することが出来ます、セミオートの場合はスライドを引き不発弾を取り除かなければなりません、この作業は相手から目を逸らすことに繋がり致命的な数秒を無駄にします、これは実戦では致命的ですね

まずセミオートハンドガンが開発され市場に出回り始めた時はとにかく不具合が多かったというのがあります、ですので警察拳銃にしても永い間制式支給拳銃はリボルバータイプが多かったんですね、

ただ現状ではリボルバーはほとんど姿を消しています、弾の性能(火薬の不具合 経年変化による火薬の劣化)も向上し不発が以前ほど問題にされることが少なくなったからです。
更に大きな理由としてリボルバーの弾の装填の少なさがあがります、リボルバーのメーカーも頑張っているのですが最大で7−8発の弾しか装填出来ないのではやはり現在では通用しません、それに対しセミオートハンドガンの場合はダブルカラムマガジン(複列弾倉)を使用すれば18−20発ほどの弾丸を装填することが出来ます、

リボルバーより倍の弾が装填出来るセミオートに軍配があがるのは仕方ないです、現在ではやはりハンドガンの人気はセミオートに移りリボルバーハンドガンは比率で言うとかなり減っていますね、私は個人的にはリボルバーの単純な構造、部品点数の少なさ、故障の少なさは気にいってます。

銃撃戦での不発によるリボルバーとセミオートハンドガンの違い

このようにシリンダーを開けた状態で不発弾を取り出してあげますまたリボルバーの利点として構造が単純なので不発が出てもそのままトリガーを引けば次弾は射撃出来ます、ここがセミオートとの大きな違いですね
リボルバーの場合はシリンダーを開けることで確認できます、写真のようにファイヤリングピンがプライマーを叩いたのに発火しない場合はプライマーにくぼみが出来ています

不発弾

新品

ハンマーが落ちたのに弾が出ない・・やばい・・不発?
リボルバーの場合もハンマーが起きファイヤリングピンがプライマーを叩くことで発火します

リボルバー式(回転式拳銃)ハンドガンの場合

次弾装填はスライドをもう一度ひきます、するとスライドは前方に移動し次弾が装填されるわけです、またはスライドリリースボタンを押し下げて装填することもできます
不発弾を取り出したら銃身内を確認して次弾装填にうつるわけです
このスライドをひいた時に通常、弾の形状に問題がない場合はスライドをひくと同時に不発弾は飛び出してくるのですが再生弾を使ったりしてる場合は弾の形状に問題がある時もあります、薬莢の縁の変形などですね、その時は弾は飛び出して来ず銃身内に残ることもあります、その場合は指で取り出します
この不発の状態の場合セミオートハンドガンではスライドをひいて不発弾を取り出さないといけません、写真のようにスライドを引いてあげて弾の確認を行います
トリガーを引きハンマーが落ちたのに弾が出ない・・これが不発です、あれっ・・やばい・・と思いますが冷静に対応しましょう、銃口は間違っても覗いては駄目です、弾は遅発で発火することがあるようです
ワルサーP38はセミオートハンドガンです、ハンマーがあがった状態から射撃します

セミオートハンドガン(半自動式けん銃)

不発弾の処理の仕方

不発弾

新品

新品

不発弾

射撃をしていると必ずある弾の不発の原因のひとつにプライマーの不良があります、これは主にプライマーがしけっている等の原因が大きいですね、結構頻繁に起こる事ですのでまああまり気にはしていません、以前CCIという弾メーカーの弾を使用した時にワンボックス 50発入りの弾で5発に1発が発射出来ないこともありました、さすがにここまで発射不良が続くとこのメーカーの弾は使う気にならなくなります、それ以降はCCIの弾は購入していません。

射撃ツアーでも弾の不発はありますがお客さんにも弾が出なかった時はすぐに知らせてもらうように徹底しています、弾が出なかったことで銃口をのぞき込む人も居るからです、弾が出なかった時は手順がありますのでここで解説していきたいと思います。

1番怖いのはプライマーの勢いだけで弾頭が飛び出し銃口内で止まってしまうことです、これは音でわかるのですがプスッと音がするだけで発射音はしません、ここで気が付けばいいのですが、あれっ?弾出たかな?と疑問に思っても、まあいいか、と次弾を発射すると銃口内で止まっている弾頭に次弾が発射されぶつかるわけですので銃身はまず間違いなく割れます、そうするとその銃は銃身断裂で使えなくなるわけです、こうなると銃身を交換するより方法はなくなるわけです。

このプライマーの勢いだけで弾頭が飛び出すというのは通常だとないのですが弾を作製した時に例えばクランプを忘れる、クランプが足りないということにより発生します、あとは火薬の燃焼速度 火薬がしけっている等にも起因します、原因は色々あるので特定するのはなかなか難しいと思います。
クランプ不足というのは弾頭と薬莢を圧を掛けて締め付けるのですがその締め付けが足りないと火薬に引火する前にプライマー(雷管)の発火の勢いだけで弾頭が銃身内に前進してしまうということです。
Primer(雷管)不良による弾の不発について
こちらはスライドリリースボタンを押し下げ装填するやり方ですがこちらのほうが暴発する確率は低いです、スライドが前方に移動したら次弾装填は完了です、射撃を再開します

リアルカンパニーホームページはこちらをクリック

copyright c  Real Company All rights reserved

REALCOMPANY ホームページへようこそ、REALCOMPANYではアメリカ ロサンゼルスで買い付けた、実物を販売しています、
ミリタリー ポリス ファイヤーファイター ビンテージ物等魅力的な商品を揃えていますので是非ご覧ください
リアルカンパニーに掲載の資料・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は米国の著作権法並びに国際条約により保護されています
こちらは38sp弾でリボルバー用の弾です、やはりくぼんでるほうがファイヤリングピンが当たった個所ですがプライマーが発火しなかった為に薬莢内の火薬にも発火しなかった弾です
セミオートハンドガン用9mmパラベラム弾のプライマーの不良による不発です、矢印のくぼんでる所がファイヤリングピンが当たった所ですが薬莢内の火薬が発火しなかった弾です。左は新品の弾ですね