ミリタリー ミリタリージャケット ミリタリーパンツ ミリタリー装備 ミリタリーヘルメット フライトヘルメット フライトジャケット フライト装備 ミリタリー実物 ポリス ポリスジャケット ポリスパンツ 警察 消防 LAPD LAFD CHP ビンテージ ビンテージクローズ ビンテージジャケット バイクヘルメット ビンテージヘルメット 実弾射撃 ガンツアー 射撃ツアー 野外射撃 ロサンゼルス射撃ツアー LA アメリカ USA ロサンゼルス調査 ロサンゼルス リサーチ ミリタリー資料 フライトジャケット資料 フライトヘルメット資料 ミリタリージャケット資料 ミリタリーパンツ資料 ミリタリーシャツ資料 ミリタリーヘルメット資料 ガン資料 銃資料 銃の扱い方 実弾射撃の注意 m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16 m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16   m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16  m−16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16 AR 15 M−16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 AR 15 M−16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真  AR 15 M−16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 実銃 実弾 銃の扱い方 銃とは 銃取り扱い 銃とは 銃取り扱い  銃とは 銃取り扱い   銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 実銃 実弾 銃の扱い方 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 実銃 実弾 銃の扱い方 実銃 実弾 銃の扱い方 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 実銃 実弾 銃の扱い方  実弾リローディング リロード 再装填 弾 Reload Reloading 弾の詰め替え 弾丸 再装填 弾頭 ブラスブレット リロード パウダーライマー 雷管 火薬 薬莢 実銃 弾の作り方 弾薬の作り方 実弾の作り方 実弾作製 実弾装填 弾丸の作り方 銃の扱い方  実弾リローディング リロード 再装填 弾 Reload Reloading 弾の詰め替え 弾丸 再装填 弾頭 ブラスブレット リロード パウダーライマー 雷管 火薬 薬莢 実銃 弾の作り方 弾薬の作り方 実弾の作り方 実弾作製 実弾装填 弾銃の扱い方  実弾リローディング リロード 再装填 弾 Reload Reloading 弾の詰め替え 弾丸 再装填 弾頭 ブラスブレット リロード パウダーライマー 雷管 火薬 薬莢 実銃 弾の作り方 弾薬の作り方 実弾の作り方 実弾作製 実弾装填 弾丸の作り方 銃の扱い方  実弾リローディング リロード 再装填 弾 Reload Reloading 弾の詰め替え 弾丸 再装填 弾頭 ブラスブレット リロード パウダーライマー 雷管 火薬 薬莢 実銃 弾の作り方 弾薬の作り方 実弾の作り方 実弾作製 実弾装填 弾丸の作り方 丸の作り方 銃の扱い方  実弾リローディング リロード 再装填 弾 Reload Reloading 弾の詰め替え 弾丸 再装填 弾頭 ブラスブレット リロード パウダーライマー 雷管 火薬 薬莢 実銃 弾の作り方 弾薬の作り方 実弾の作り方 実弾作製 実弾装填 弾丸の作り方 銃の扱い方  実弾リローディング リロード 再装填 弾 Reload Reloading 弾の詰め替え 弾丸 再装填 弾頭 ブラスブレット リロード パウダーライマー 雷管 火薬 薬莢 実銃 弾の作り方 弾薬の作り方 実弾の作り方 実弾作製 実弾装填 弾丸の作り方 銃の扱い方  実弾リローディング リロード 再装填 弾 Reload Reloading 弾の詰め替え 弾丸 再装填 弾頭 ブラスブレット リロード パウダーライマー 雷管 火薬 薬莢 実銃 弾の作り方 弾薬の作り方 実弾の作り方 実弾作製 実弾装填 弾丸の作り方 銃の扱い方  実弾リローディング リロード 再装填 弾 Reload Reloading 弾の詰め替え 弾丸 再装填 弾頭 ブラスブレット リロード パウダーライマー 雷管 火薬 薬莢 実銃 弾の作り方 弾薬の作り方 実弾の作り方 実弾作製 実弾装填 弾丸の作り方 銃の扱い方  実弾リローディング リロード 再装填 弾 Reload Reloading 弾の詰め替え 弾丸 再装填 弾頭 ブラスブレット リロード パウダーライマー 雷管 火薬 薬莢 実銃 弾の作り方 弾薬の作り方 実弾の作り方 実弾作製 実弾装填 弾丸の作り方 銃の修理 銃のトラブル 壊れた ガントラブル 銃の問題 トラブルシューティング GUN Trouble  HOW TO FIX  銃の修理方法 銃の問題点 銃の直し方 損傷 ジャム 弾詰まり銃の修理 銃のトラブル 壊れた ガントラブル 銃の問題 トラブルシューティング GUN Trouble  HOW TO FIX  銃の修理方法 銃の問題点 銃の直し方 損傷 ジャム 弾詰まり 銃の修理 銃のトラブル 壊れた ガントラブル 銃の問題 トラブルシューティング GUN Trouble  HOW TO FIX  銃の修理方法 銃の問題点 銃の直し方 損傷 ジャム 弾詰まり 銃の修理 銃のトラブル 壊れた ガントラブル 銃の問題 トラブルシューティング GUN Trouble  HOW TO FIX  銃の修理方法 銃の問題点 銃の直し方 損傷 ジャム 弾詰まり銃の修理 銃のトラブル 壊れた ガントラブル 銃の問題 トラブルシューティング GUN Trouble  HOW TO FIX  銃の修理方法 銃の問題点 銃の直し方 損傷 ジャム 弾詰まり実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理 実銃 修理  
今回手に入れたUSED Barrel(銃身)も3インチです、このリボルバーには3インチが映えます、美しいと思います、6インチのバレルよりバランスが取れていますね、銃自体が1920年代の物ですのでビンテージの部類に入りますがCOLTの最盛期の銃ですので造りもいいです、まだまだ大事にすれば撃てる銃ですね
自分で修理した銃には特別な愛着が沸きますこれで COLT POLICE POSITEVEもまた射撃ツアーへの復帰です

今回のバレルはバレルスクリューの後ろの長さもばっちり合っています、このようにシリンダーとバレルの隙間が短くなるのが正解です、
またバレルをオリジナルのものから交換するとバレルの後端とシリンダーが干渉することも多いのでその場合はバレルの後端を削って隙間を調整する必要があります

前回第一弾で購入したBarrelは失敗でしたが、今回またebayで探しBarrel(銃身)を購入してみました、前回の教訓から写真をしっかりチェックするんですが全長等記載のないものばかりでいまいち確信が持てません、ですがバレルのスクリュー部の長い物を探して購入してみました、値段は$60です、届くまでは入るかどうか心配でどきどきしていたのですが届いて組み立ててみると問題なく組みあがり、前回のようなスクリュー部の長さが短いということもなくフィットしました、またバレルが長すぎるとシリンダーとの干渉が起きるので今度はバレルのスクリュー部を削らなくてはならないのですが、今回のバレルは全然問題なくフィットしています、かなりラッキーですね。

フロントサイトの形がオリジナルのようにラウンド(丸形)ではなく三角形だったので型は同じかかなり悩んだんですが綺麗にフィットしました
これでまたCOLT POSITIVE POLICE 38SPが射撃ツアーの銃として復活です、バレルの割れの発生から修理方法を探していましたがUSEDのバレルを手に入れることで解決しました。
第二弾 COLT OFFICIAL POLICE 38SPL  Barrell(銃身)をebayで手に入れました、値段は$60 今回はOKです
今回のバレルは3インチですのでオリジナルの6インチより短くなりスタイルは3インチのほうがかっこよくていいのですが何しろバレルの全長が短いので試射もちょっと怖いです、今回のバレルはブルーイングの練習用として使用し機会があれば試射してみたいと思います
探していたBarrel(銃身)ですがやっと見つけました、探す方法は色々あるのですが今回はebayで$50で手に入れました、年式は1920年代のものです、さっそく取り付けてみたのですが問題が・・スクリューサイズは合っているのですが何故かバレルスクリュー部分の長さが短い・・これは何故???と思いますがモデルによってシリンダーの長さが違うのか理由はわからないですね、写真を見てもらうとわかるのですがシリンダーとバレルの隙間が大きすぎるのです、この状態で射撃しても安全なのか?という疑問がわきます、試射してもいいのですが結構恐ろしいので機会があれば試射してみたいと思います。
結論から言うとこのバレル購入は大失敗でした、
第一弾 COLT OFFICIAL POLICE 38SPL  Barrell(銃身)をebayで手に入れました、値段は$50 結果大失敗・・
COLT OFFICIAL POLICE 38SPLのBrrel(銃身)交換の為にまずバレルを取り外します
COLT OFFICIAL POLICE 38SPL 金属疲労による Barrell(銃身)の破断面
とても長い間射撃ツアーで頑張ってくれた Colt Official Police 38SPLのBarrellの破断がとうとう発生してしまいました・・ツアーが終わり銃の掃除をしている時にBarrel(銃身)が裂けているのを発見です・・バレルは見事に裂け目が入っておりこのBarrelは終了です、ただシリンダー系 フレーム系に特に問題は見られず問題はバレルのみのようです、ここでこの銃を廃棄するかバレル交換で再生するかで悩みます。

廃棄する場合はただの置物になってしまうのでやはり再生の道を探ることにしました、ただこの銃は1900年代初頭の銃ですのでもちろんCOLT社にバレルはすでに在庫はありません、次に考えられるのはやはりオークションや銃のUSEDパーツを手にいれる方法です、再生の道のりは厳しいですがパーツ探しをしてみることにしました

こちらがオリジナルのシリンダーとバレルの隙間です、ほとんど隙間がないのがわかります

Brrel(銃身)自体はフレームサイドのスクリューにも適合しています

Barrel(銃身)を取り外した状態ですが何故かエロいです、色っぽさを感じます

バレルが外れた状態です

万力にセット後あとは力ずくでフレームを回すわけですが、ここで注意しないといけないのはメーカーによって右回し、左回しが違う事です、また手で回そうとしてもまず回りませんのでフレームのシリンダー部分に木片等噛ませててこの原理で回さないと駄目です
COLT OFFICIAL POLICE 38SPL 金属疲労による Barrell(銃身)の破断発生!

REALCOMPANY 
ホームページはこちらをクリック

copyright c 2016 Real Company All rights reserved

通常の場合は矢印の部分がもっと長いんです、シリンダーとの隙間はほんの少しです

Barrel(銃身)は綺麗にフレームにフィットします、問題はなさそうだったんですが・・

ここにスクリューがあります

銃身から煙を吹き込むと破断面から煙が出てくるので破断面の穴は
内部と繋がってるとわかります

銃身の厚みは約3mmあるのですが見事に割れています

REALCOMPANY ホームページへようこそ、REALCOMPANYではアメリカ ロサンゼルスで買い付けた、実物を販売しています、
ミリタリー ポリス ファイヤーファイター ビンテージ物等魅力的な商品を揃えていますので是非ご覧ください
リアルカンパニーに掲載の資料・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は米国の著作権法並びに国際条約により保護されています

問題は矢印の部分に空く隙間です、通常はバレルはもっと長く伸びていてシリンダーとの隙間はほんの少しです

バレル交換の為に外すのはシリンダーとグリップです、この状態に分解し万力にセットします、万力にセットするのはバレル(銃身)のほうになります

こちらがオリジナルのバレルの写真です、このようにバレルがかなり出っ張ってるのがわかります