リアサイト

ミリタリー ミリタリージャケット ミリタリーパンツ ミリタリー装備 ミリタリーヘルメット フライトヘルメット フライトジャケット フライト装備 ミリタリー実物 ポリス ポリスジャケット ポリスパンツ 警察 消防 LAPD LAFD CHP ビンテージ ビンテージクローズ ビンテージジャケット バイクヘルメット ビンテージヘルメット 実弾射撃 ガンツアー 射撃ツアー 野外射撃 ロサンゼルス射撃ツアー LA アメリカ USA ロサンゼルス調査 ロサンゼルス リサーチ ミリタリー資料 フライトジャケット資料 フライトヘルメット資料 ミリタリージャケット資料 ミリタリーパンツ資料 ミリタリーシャツ資料 ミリタリーヘルメット資料 ガン資料 銃資料 銃の扱い方 実弾射撃の注意 m-16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16 m-16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16   m-16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16  m-16 ar15 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 実弾 実銃 m16 AR 15 M-16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真 AR 15 M-16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真  AR 15 M-16 ライフル アサルトライフル 資料 細部 写真  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方  ライフル操作方法 銃の取り扱い 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin  実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin  実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin   実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin  実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USAM1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA M1 CARBIN 第2次世界大戦 アメリカ軍 30Cal 30Carbin 実銃操作ライフル取り扱い ライフル操作方法 銃の機構 銃の扱い方 M1カービン USA       
リアルカンパニーに掲載の資料・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は米国の著作権法並びに国際条約により保護されています
US WW2 M1 Carbine 30Cal(7.62x33mm)
アメリカ軍 第2次世界大戦 M1 カービン 30Cal(7.62x33mm)
操作方法
US WW2 M1 Carbine 30Cal(7.62x33mm)
アメリカ軍 第2次世界大戦 M1 カービン 30Cal(7.62x33mm)
REALCOMPANY 
ホームページはこちらをクリック
REALCOMPANY ホームページへようこそ、REALCOMPANYではアメリカ ロサンゼルスで買い付けた、実物を販売しています、
ミリタリー ポリス ファイヤーファイター ビンテージ物等魅力的な商品を揃えていますので是非ご覧ください
US WW2 M1 Carbine 30Cal(7.62x33mm)
アメリカ軍 第2次世界大戦 M1 カービン 30Cal(7.62x33mm) 細部
M1Carbine は1941年にアメリカで開発された自動小銃で士官用、後方のMP(ミリタリーポリス)用に軽量で取り回しが軽い自動小銃を支給する為に開発されます。特に後方のMP等の警備の兵士にはコルトガバメント 45ACP弾、グリースガン M3短機関銃 M1ガーランド等が支給されていましたがM1ガーランドライフルは重量があり過ぎ、ガバメント、M3短機関銃は45ACP弾を使用する為に弾の威力が不足していたのでその中間を埋める意味で軽量の自動小銃が求められたわけです。

そして1941年に行われたトライアルでウインチェスター社の提出した30カービン弾を使用したライフルの成績を軍は認め制式に採用を決定、名称は United Staete Carbine Calber、30 M1として量産が始まり最初期型として量産されたのは1945年までで15万丁も作られました。
M1カービンの機構の特徴としてはM1ガーランドライフル(アメリカ軍の制式軍用自動小銃)と同じ回転ボルト閉鎖を使用していましたがM1カービンでは30Cal弾を使用するのでこれによってショートストロークピストン式が使えこれによりM1カービンの1番の特徴
である非常に短いガスピストンが使えるようになったわけです、この特性によりM1カービンはM1ガーランドライフルより軽量で短銃身の扱いやすい自動小銃となりました。

第2次世界大戦中は軽量で取り回しが楽で精密射撃も可能な名銃として後方支援の兵士だけではなく前線の士官、戦車兵、空挺部隊等に使用されます、空挺部隊に支給されたM1カービンはフォールディングストック(折り畳み銃床)にし更に軽量の改造モデルもあります、戦争映画にも多々登場するので日本人にも馴染み深い銃ですね。

第2次大戦後もM1カービンは使用されベトナム戦争初期まで使われM16ライフルの登場により一線を退くこととなります、ですがその後もアメリカの友好国に支給され、ベトナム戦争での韓国軍、日本の自衛隊にも大量に支給されました、M1カービンは軽量小型で取り回しもいいため、アジア人の体形には1番合っておりアジアでのM1カービンの人気はその後も長く続きます。
現在でもM1カービンは民間で作られ新品で購入することが可能です、日本の豊和工業もM300ライフルとしてM1カービンのコピー品を狩猟用として販売しています。

M1カービンの感想としてはやはり軽く取り回しが楽というのが1番の印象です、射撃時も反動は少なく精密射撃にも向く銃だと思います、アメリカ人は大きな口径の銃を好みますがやはり体形の違いで小柄なアジア人にはとても合っている自動小銃ですね、

左右の調整をする時は矢印のスクリューを回して調整します、

ボルトがオープンのままになったらまた指をトリガーから外しフィンガーセーフティーに戻しライフルを置きます

照準をつけ初めてフィンガーセーフティーを外し射撃を開始します、全弾撃ち終るまでは銃口は前方に向けたままにしてください
M1カービンは半自動ライフル(セミオートマティックライフル)ですので引き金を引くだけで射撃できます

次に初弾の装填に移ります、Operating Slide オペレーティングスライドを後方に引きます

まずはM1カービンのマガジンを抜きます、M1のマガジンは箱型になっており10発の30Cal弾が装填出来ます

30cal(7.62x33mm)

通常のライフル弾のようなボトルネックタイプではないです、ストレートタイプになります、30Calはよく戦場での威力不足が議論されたのですがまず問題なく殺傷能力は十分あります、第2次世界大戦では拳銃弾を使用したサブマシンガン、トンプソン(45ACP弾)やM3グリースガン((45ACP弾)が多く使用されたのですがこれらのサブマシンガンは拳銃弾を使用した為遠距離射撃に威力が足りない問題がありましたがこのM1Carbineの30Calはライフル弾の専用設計ですので遠距離射撃でも問題なく威力を発揮しています。
ちなみに火薬量を比べると拳銃弾の45ACPは7grainで30Calは14grainですので火薬量は倍ですのでもちろん威力は全然違います

マガジン

このMの文字が入っているボタンがマガジンリリースボタンになります、このボタンを押します

マガジンリリースボタンを押すとマガジンは押し出されてきますのでそのまま外します

次にマガジンに30Cal弾の装填です、最大で10発入ります

Operating Slide
オペレーティングスライド

ボルトが前進し閉じた状態です、これで初弾は装填されたわけです、すぐに指はトリガーから離しフィンガーセーフティーの状態にします

セミオートマティックライフルの場合は全弾撃ち終るとボルトはオープンのまま止まります、ボルトがオープンになれば射撃は終了です

フロントサイト

一応銃剣も付けられます

リアサイト

距離を変える場合は矢印のパーツを前後移動します

マガジンの装填、装填した時にカチッと音がするまでしっかりと押し込みます

copyright ©  Real Company All rights reserved

オペレーティングスライドを後方に引き、そのまま手を話すことで初弾は装填されます

フィンガーセーフティーを守ったまま照準をつけます