ミリタリー ミリタリージャケット ミリタリーパンツ ミリタリー装備 ミリタリーヘルメット フライトヘルメット フライトジャケット フライト装備 ミリタリー実物 ポリス ポリスジャケット ポリスパンツ 警察 消防 LAPD LAFD CHP ビンテージ ビンテージクローズ ビンテージジャケット バイクヘルメット ビンテージヘルメット 実弾射撃 ガンツアー 射撃ツアー 野外射撃 ロサンゼルス射撃ツアー LA アメリカ USA ロサンゼルス調査 ロサンゼルス リサーチ ミリタリー資料 フライトジャケット資料 フライトヘルメット資料 ミリタリージャケット資料 ミリタリーパンツ資料 ミリタリーシャツ資料 ミリタリーヘルメット資料 ガン資料 銃資料 銃の扱い方 実弾射撃の注意 射撃ツアー写真 カスタマー写真 射撃写真 射撃動画 YOU TUBE ショットガン 野外射撃 屋外射撃 Made in USA Made in USA Made in USA Made in USA   Made in USA アメリカ製品 アメリカ製品 アメリカ製 アメリカ製  メイド イン USA メイドインアメリカ Flight Helmet Flight Jacket Military Jacket Police Jacket Police LAPD LAFD Shurts Pants Gun Shooting tour Flight equipment miritaly helmet los angelese CA USA Gun Shooting M16 COLT Rifle handgun ACU USAF ARMY NAVY USCG m65 m-65 ジャケット フィールド 資料 細部 実物 写真 m65 m-65 ジャケット フィールド 資料 細部 実物 写真m65 m-65 ジャケット フィールド 資料 細部 実物 写真m65 m-65 ジャケット フィールド 資料 細部 実物 写真m65 m-65 ジャケット フィールド 資料 細部 実物 写真m65 m-65 ジャケット フィールド 資料 細部 実物 写真
REALCOMPANY ホームページへようこそ、REALCOMPANYではアメリカ ロサンゼルスで買い付けた、実物を販売しています
ミリタリー ポリス ファイヤーファイター ビンテージ物等魅力的な商品を揃えていますので是非ご覧ください

M-65は経年変化も楽しめます、左が新品で洗濯してない状態ですが、右は数年間着て洗濯も何十回としたものです、新品もいいですが経年変化後のM-65もかなりカッコいいです、コットンのよれ方がいい味になっています、コットン製ジャケットは擦り切れると貧乏臭くなることが多いのですが、M-65に関しては自分色に染められるジャケットです、

リアルカンパニーホームページはこちらをクリック

後期型のラベルです、M-65の名称は記載されません、COAT COLD WEATHER
FEILDとなります、ラベルはジャケットと同色です

経年変化による色の違い

M65ジャケット インナー

M65 初期型OD

襟部のジッパーを開くと内蔵されるフード フードも良く考えられていてヘルメット着用時でも被れるような大きさになっています

US M-65 Coat Man`s Field ,M-65 Cold Weather
アメリカ軍 フィールドジャケット M-65とは 資料 

これはインナーに付けられてる、腰を絞る為のラインです、これもジャケットのバタつきを抑える為のものです、M-65はかなり色々な状況を考えてデザインされてることがわかります

リアルカンパニーに掲載の資料・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は米国の著作権法並びに国際条約により保護されています

3Cデザート迷彩

ウッドランド迷彩

M-65ジャケットの特徴のひとつ、アクションプリーツです
腕の動きの自由度を高める為の装備です

M-65ジャケットは、1965年に支給されそれから40年近くもアメリカ全軍で使用されていた傑作フィ‐ルドジャケット(野戦服)です、M51から受け継がれたデザイン、機能は完成されたものとして各国のフィールドジャケットに大きな影響を与えてきました、考え抜かれた機能として大型のポケット、降雨時の収納式フードなどあらゆるジャケットに影響を与えてきたと言っても過言ではありません、優れたモノは後々まで影響を及ぼすといういい例です。
M-65は当初はオリーブグリーンのみでしたが、その後ウッドランド、デザート迷彩、ブラックなどその部隊の用途に応じて各色が作られています、40年の歴史を感じますよね。

主な特徴としてアクションプリーツ、フード、裏面にリップストップ生地を使用してるのがあげられます、アクションプリーツは腕の動きの自由度を増す為に取り付けられるのですがデザインの良さに大きく貢献しています、フードも簡易型ですがアウトドアで小雨に降られた時などはとても便利なものです、あとは裏地のリップストップも裂け目が広がりにくいようにとの配慮からで戦闘時のことが細かく考慮されています。
生地はM-51の綿100%から混紡に変えられ、比率は約綿:ナイロンが50:50となっており採用された当時の最新素材ナイロンの特徴である速乾性と耐久性、綿の特徴である保温性、吸湿性を兼ね備えた生地となっていました、この素材はナイロンコットンと呼ばれその後軍用の衣服に多用されます。

アメリカでもM-65は一般にも人気がありアウターとして着用されます、ハンティングなどにも多用されますがファッションとして着てる人も多いですね、M-65の魅力は頑丈な生地です、何度もの洗濯にも耐えその都度色も落ちていきますが、それが味となります40年にも渡り支給されたジャケットですがその名に恥じず何十年も着られるアウターとして魅力を放ちます、最近はレプリカも多いですが実物がまだ手頃な値段で買える内に手にいれておくことをお勧めします、生地の質が違いますから。
レプリカで同じ素材をなかなか使用出来ないのはコストが掛かりすぎて儲けが出ないからです、その点軍では税金を使いますので妥協しない素材で作製できるわけです、デザインにしても数年のトライアルを経て採用されるわけですのでレプ
リカとは縫製から別物というのは当然です民生品レベルと軍のものというのはまったく違うアプローチから物作りをしていると考えてください、レプリカを買わないほうがいいと言うのはこういう点です。

copyright ©  Real Company All rights reserved

M-65の特徴  資料 細部について

M-65各種モデル 色別

初期型M-65フィールドジャケット(メタルジッパー)

大容量インナータイプのサイドポケット

スナップボタンで留めるポケット

歴史

M-65には別にライナーを取り付けることが出来ます、このキルティングライナーを取り付けることにより、更に気温の低い地域にも対応できます、ライナーはジャケットの内側に取り付けてあるボタンを使用して固定します、M-65がサイズに余裕を持たせてあるのは、ライナーを使用することを前提としているからです

大容量の胸ポケット

袖もベルクロで締めることが出来ます、トップにつく
ベルクロは袖を折るために使用します、これは初期型の
ものです

初期型OD色

NEW

後期型のジッパーです、ジッパーはジャケットと同色になり、
日本のジッパーメーカーのYKKを使用します、日本の技術が
認められたということですね

チャイナカラーと呼ばれる特徴のある大きな襟

襟はベルクロで閉めることにより風の侵入を防ぐ

裾を締める為のラインです、これは裾のバタつきを抑える為です

上の2つは初期型のM-65ジャケットのラベルです、これは1969年モデルですが、初期型は当初はM-65の名称を使っていましたが後期型ではM-65の名称は省略されています

経年変化後

上の2つは初期型のメタルワイヤージッパーになります、

こちらは後期型の袖の形状になります、初期型より簡素化されています