ミリタリー ミリタリージャケット ミリタリーパンツ ミリタリー装備 ミリタリーヘルメット フライトヘルメット フライトジャケット フライト装備 ミリタリー実物 ポリス ポリスジャケット ポリスパンツ 警察 消防 LAPD LAFD CHP ビンテージ ビンテージクローズ ビンテージジャケット バイクヘルメット ビンテージヘルメット 実弾射撃 ガンツアー 射撃ツアー 野外射撃 ロサンゼルス射撃ツアー LA アメリカ USA ロサンゼルス調査 ロサンゼルス リサーチ ミリタリー資料 フライトジャケット資料 フライトヘルメット資料 ミリタリージャケット資料 ミリタリーパンツ資料 ミリタリーシャツ資料 ミリタリーヘルメット資料 ガン資料 銃資料 銃の扱い方 実弾射撃の注意 A-2 A2 flight jacket A-2 フライジャケット 第2次世界大戦 アメリカ航空隊 US ARMY AIR FORCE   A-2 A2 flight jacket A-2 フライジャケット 第2次世界大戦 アメリカ航空隊 US ARMY AIR FORCE   A-2 A2 flight jacket A-2 フライジャケット 第2次世界大戦 アメリカ航空隊 US ARMY AIR FORCE   A-2 A2 flight jacket A-2 フライジャケット 第2次世界大戦 アメリカ航空隊 US ARMY AIR FORCE フライトジャケット A2とは A2資料 飛行服   A-2 A2 flight jacket A-2 フライジャケット 第2次世界大戦 アメリカ航空隊 US ARMY AIR FORCE フライトジャケット A2とは A2資料 飛行服   A-2 A2 flight jacket A-2 フライジャケット 第2次世界大戦 アメリカ航空隊 US ARMY AIR FORCE フライトジャケット A2とは A2資料 飛行服      A-2 A2 flight jacket A-2 フライジャケット 第2次世界大戦 アメリカ航空隊 US ARMY AIR FORCE フライトジャケット A2とは A2資料 飛行服 A-2 A2 flight jacket A-2 フライジャケット 第2次世界大戦 アメリカ航空隊 US ARMY AIR FORCE フライトジャケット A2とは A2資料 飛行服    A-2 A2 flight jacket A-2 フライジャケット 第2次世界大戦 アメリカ航空隊 US ARMY AIR FORCE フライトジャケット A2とは A2資料 飛行服                   

copyright © Real Company All rights reserved

リアルカンパニーに掲載の資料・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は米国の著作権法並びに国際条約により保護されています
ホースハイド 馬皮製 A2フライトジャケット By AVIREX CO 
歴史

A2ジャケットは1930年代から第2次世界大戦にかけ陸軍航空隊で使用された航空ジャケットです、A2はA1ジャケットの後継として開発され、1930年に実用テストが開始され1931年に採用されました。素材は馬皮(ホースハイド)でカフスとウエストバンドは茶色のニット、 レザーのボタンダウン 襟ファスナーの上には蓋をするようにウインドフラップをつけ防風性を確保する、A2は1931年に支給が開始され1944年に生産が中止されるまでに20万着が製造される戦時下で馬皮(ホースハイド)の供給が間に合わなくなると牛革やヤギ皮が代用されている、裏地はスパンシルクと規定されてるが、後にはコットンを使用したものも支給された。
   
A2はパイロット達にも絶大な人気を得て多くのパイロットがバックペイントを描き部隊章を肩に縫い付けるなどしてA2を着飾りました、特にイギリスに派遣された第8空軍のB17パイロット達は機体に描いたノーズアートをそのままA2に描いたり自分の恋人、妻達の名前、姿を描いたりして死の恐怖と戦いながらドイツ上空へと出撃していきました、無事に生還すると爆弾のマークをA2に描き生きてる喜びをかみしめました、ですが1944年に皮の資材不足が原因で廃止されてしまいます、この後は海軍と共通のAN-J-3ジャケットが代替として採用されました。ですがパイロット達の熱烈な希望により、1987年のアメリカ空軍創立40周年を迎えた年にA2は改めて軍に正式に納入されます陸軍航空隊はA2 海軍航空隊はG-1(AN-J-3)と人気は2分してます、
戦時中はパイロット以外にも支給されDデイの101空挺部隊の士官なども着用している写真があります、もちろん部隊章は空挺部隊となっており前線ではなく基地などで使用されました。
ドラマ”バンド オブ ブラザーズ”などでもA2を着こなす姿が見られます、


A2を着こなせる俳優としてスティーブマックイーンが有名です、映画”大脱走”で魅せてくれたA2の着こなしは素晴らしかったです、最近では映画”メンフィスベル”やドラマ”バンド オブ ブラザーズ”などにA2は出てきます。アメリカでは数多くのリプロ製品が出ていますがアヴィレックスの馬皮製(ホースハイド)のA2が出色の出来です、アメリカでもA2は絶大な人気を誇りますが有名ところではアヴィレックス, クーパー社(cooper)が有名です、特にクーパー社は現用のアメリカ空軍にA2を納入していますので人気があります。アメリカでも実物はほとんど出ません、出ても実物だと20万円くらいで取引されています、またすでに60年以上前のレザージャケットということで着るとすぐ裂けるという状態のものが多いですので、欲しいと思う方はリプロ製品を買って自分なりに着こなしたほうがいいと思います。私のお勧めはやはりホースハイド(馬皮)のA2のリプロダクト品です、ホースハイドは経年変化で皮がとてもいい色に変化します、牛皮 羊よりもいい色具合になりますよ、メーカーではやはりAvirex製が1番お勧めです、皮の質がとてもいいです、見つけたら即購入ですね。
Avirex社のA-2にバックペイントを施したものパッチもレザーにペイントしています、当時のジャケットも多くがこのタイプです、これはAVIREX社がペイントしたものではないです
AVIREX社 ホースハイド テストフライトチーム バージョン
Avirex社リミテッドバージョンA2のラベルですこのリプロのA2は
ホースハイド(馬皮)を使用してます、
REALCOMPANY ホームページへようこそ、REALCOMPANYではアメリカ ロサンゼルスで買い付けた、実物を販売しています
ミリタリー ポリス ファイヤーファイター ビンテージ物等魅力的な商品を揃えていますので是非ご覧ください
HAWK社の航空部門フライトテストチームのA2ですパイロットにはやはりA2は人気があり企業のパイロットも着用するようです、テストフライトパイロットチームのパッチのついた珍しいものです

リアルカンパニーホームページはこちらをクリック

資料写真
レザーパッチ皮に直接ペイントしています
このジャケットはラスベガスで購入しましたが、ペイントは下手です、ただ胸だけを丁寧に描いてあり作者の人柄が垣間見えます、下手なので返っていい味が出てるとは思うんですが・・胸はとりあえず隠してあります、アメリカで着るとセクハラで訴えられかねません
US NAVY WW2 US Summer Flight Helmet
w/A-14 Oxigen Mask
アメリカ海軍 第2次世界大戦時サマーフライトヘルメット A-14酸素マスク
US NAVY H-4 Jet Pilot Helmet w/ Liner
アメリカ海軍 H-4 ジェットパイロット ヘルメット w/ ライナー
1940年代
リブの写真、当時はウール100%だった為、ほとんどのジャケットが虫食いにより穴が開いています、MA-1等も同じです
肩のエボレットです、A2の特徴のひとつです、キャップ等を挟みます、階級章もエボレットにつけます
ポケットです、当時のフライトジャケットはハンドウォーマーとしてのポケットではないので容量も小さく手も入れにくい設計です、タバコ、を入れたらもう一杯です、使いにくいのですが、これだけ機能に徹すると男らしいですね
メインジッパーです、このA2はリプロですが、スコービルとグリッパージッパーの2種類を使用してます
Light Zone Type A-2 Flight Jacket 
A-2 フライトジャケットとは 1930-1940年代
AVIREX社 バックペイント リプロバージョン
襟の部位の写真、ジッパーの頭頂部にスナップがありこれを閉じることにより風の侵入を防ぐ、襟はスナップボタンがついておりスナップボタンを掛けることにより風による襟のバタつきを防ぎます