ミリタリー ミリタリージャケット ミリタリーパンツ ミリタリー装備 ミリタリーヘルメット フライトヘルメット フライトジャケット フライト装備 ミリタリー実物 ポリス ポリスジャケット ポリスパンツ 警察 消防 LAPD LAFD CHP ビンテージ ビンテージクローズ ビンテージジャケット バイクヘルメット ビンテージヘルメット 実弾射撃 ガンツアー 射撃ツアー 野外射撃 ロサンゼルス射撃ツアー LA アメリカ USA ロサンゼルス調査 ロサンゼルス リサーチ ミリタリー資料 フライトジャケット資料 フライトヘルメット資料 ミリタリージャケット資料 ミリタリーパンツ資料 ミリタリーシャツ資料 ミリタリーヘルメット資料 ガン資料 銃資料 銃の扱い方 実弾射撃の注意  38式歩兵銃 大日本帝国 第2次世界大戦 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法38式歩兵銃 大日本帝国 第2次世界大戦 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法 38式歩兵銃 大日本帝国 第2次世界大戦 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法38式歩兵銃 大日本帝国 第2次世界大戦 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法38式歩兵銃 大日本帝国 第2次世界大戦 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法 解説 資料 写真 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法38式歩兵銃 大日本帝国 第2次世界大戦 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法 解説 資料 写真 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法38式歩兵銃 大日本帝国 第2次世界大戦 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法 解説 資料 写真 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法38式歩兵銃 大日本帝国 第2次世界大戦 日本軍のライフル アリサカライフル Arisaka Rifle 銃操作法 解説 資料 写真 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 三八式歩兵銃 
第2次世界大戦 ソビエト連邦 制式支給ライフル機構について
モシンナガン M1891/30 
Vintovka Mosina MOSIN NAGANT Rifle M1891/30
copyright c Real Company All rights reserved
REALCOMPANY ホームページへようこそ、REALCOMPANYではアメリカ ロサンゼルスで買い付けた、実物を販売しています、
ミリタリー ポリス ファイヤーファイター ビンテージ物等魅力的な商品を揃えていますので是非ご覧ください

リアルカンパニーホームページはこちらをクリック

第2次世界大戦 ソビエト連邦 制式支給ライフル 
モシンナガン M1891/30 
Vintovka Mosina MOSIN NAGANT Rifle M1891/30

モシンナガン ボルトアクションライフルです、第2次世界大戦で大戦中を通じて支給されたソ連の傑作ライフルでソ連軍の出てくる映画などには必ず登場します、歴史は古く1891年に帝政ロシア時代にセルゲイ モシン大佐とベルギー人のエミール ナガン 、レオン ナガン兄弟によって開発されました、当時のライフルは単発後装が主でしたが1891は5発連装が可能で火力は大きく改善されます、その後も改良は行われまず銃剣のリングのスプリング化、照星覆いの開発、装弾グリップの単純化等です、その後1930年にそれまでの帝政ロシア独自の単位であるアルシンを使用していたダンジェントサイト距離表尺が兵士に不評だった為メートル法を採用しそれまでの改良点を加えた M1891/30が制式に採用され生産を開始しました、

もうひとつのモシンナガンライフルの運用方法としてソ連はスナイパーライフルに目をつけ、1930年代から研究が進められライフルの中から特に精度の高いものを選びスコープはドイツのカール ツァイスの工場を購入して導入に着手します、まず倍率4倍のPEスコープ搭載の狙撃銃を誕生させ次にレールタイプのベースにVPタイプの3.5倍のスコープを載せたものを採用します、もうひとつスナイパーライフルのスコープを装着した場合はボルトがスコープに干渉してしまうので狙撃銃にはストレートタイプのボルトではなく干渉しないように角度をつけられたボルトが装着されます、
ソ連の狙撃銃の運用は第2次世界大戦でも大いに発揮され、独自のスナイパー連隊を持ちドイツ軍を大いに悩ませます、スターリングラード攻防戦などではスナイパーのために数千名のドイツ軍将官、下士官、工兵などが命を落とし士気の低下に大いに貢献しています、スナイパーとしてはヴァシリ ザイツェフ(映画スターリングラード))などが有名でソ連の戦意高揚のプロパガンダにも利用されています、ザイツェフの公式記録ではスターリングラード攻防戦では257名のドイツ兵の狙撃記録があります、また女性兵士も多く投入されたのが印象的です、リュドミラ・ミハイロヴナ・パヴリチェンコは女性兵士ですが309名のドイツ兵士を公式記録で射殺しています、ソ連の危機的状況を救ったライフルと言ってもいい第2次世界大戦の
傑作ライフルです

現在のモシンナガン ライフルですが、軍用としてはもう役に立たず、多くが西側への収集家や狩猟の用途に使用される為に輸出されています、値段も安価で一丁が大体2−5万円くらいです、状態も極上なものが多いですね、弾は7.62x54Rを使用します、現在の弾と比べると大きさが際立ちます、NATO 5,56と比べても巨大です、
ユーゴスラビア製 7.62x54R 軍用弾 800発入り 実物木製ケース
ボルトの近接写真
矢印がセーフティーです、この丸いボッチを左に回すことでセーフティーが掛かります
このモシンナガン ライフルは狙撃銃ではないのでボルトの向きは
そのままです、ストレートタイプです
PEスコープ ソ連製 4倍になります、現在のスコープは20倍などざらですので性能的には劣るのですがスコープの実用倍率はせいぜい10倍くらいですので必要十分なのかもしれません、当時のスナイパーの必中距離は100mから400mです、フィンランドの最高公式記録保持スナイパー 白い悪魔と呼ばれた シモ ヘイへ は当時のソ連兵を504名も射殺しています、ですがこの人はスコープを使用せずノーマルの照準器のままでの記録ですので凄まじいです。
第2次世界大戦 ソビエト連邦 制式支給ライフル装備品
モシンナガン M1891/30 
Vintovka Mosina MOSIN NAGANT Rifle M1891/30
モシンナガン ライフル 銃剣アタッチメント細部
第2次世界大戦 ソビエト連邦 制式支給ライフル操作方法
モシンナガン M1891/30 
Vintovka Mosina MOSIN NAGANT Rifle M1891/30
第2次大戦時の弾と現在の軍用ライフル弾の比較です、大きさが全然違います、以前と現在の運用コンセプトがまるで違いますからね、現在はいかに弾数を兵士が携行できるかですから必然的に小さくなります。上がモシンナガン ライフル用 7.62x54R で下が M-16系 ライフル用 NATO 5.56mmになります
メートル法に変更されたダンジェントサイトです
第2次世界大戦 ソビエト連邦 制式支給スナイパーライフル 
モシンナガン M1891/30 

Vintovka Mosina MOSIN NAGANT Sniper Rifle M1891/30
スナイパーライフル専用のボルトです、一般兵士に支給されるのはストレートのボルトですがスナイパーライフルではストレートボルトがスコープと干渉する為ボルトを曲げています
PEスコープ 専用のレール式アタッチメントを使用してライフルの左側に取り付けます、ソ連のスナイパーライフル独特の設計です、この後のドラグノフスナイパーライフルもレール式です
ここではモシンナガンライフルの操作方法について説明します、まずライフルを持ってください、その時に大切なのはフィンガーセーフティーを必ず守ることです、フィンガーセーフティーとはトリガーガードの中に指を入れないということです、ターゲットに銃を向け射撃を開始するまではトリガーから指は必ず外しておくことです
次に引き上げたボルトを今度は後方に引き下げます、この時にチャンバー内が目視出来ますのでチャンバー内に弾が入っていないか必ず確認してください、入っていた場合はインストラクターにお知らせください、
ボルトを後退させることでチャンバー内の目視が出来ますので弾が入ってないかを確認してください開いた状態でマガジン内に弾が入ってないか、チャンバー内に弾が入ってないか確認します
次にボルト操作を行い弾を装填します、ボルトアクションライフルの醍醐味で1番面白い操作になります、ボルトアクションライフルの装填 俳夾は1回1回行いますので楽しい作業です、
まずボルトを前に移動させます、この時に弾がスムーズに押し出されチャンバー内に移動したのをボルト操作時に確認してください、
ターゲットに銃を向け、いよいよ射撃開始です、指をトリガーガード内に初めて入れ射撃を開始してください、7.62x54R弾ですが反動は大きいです、ただボルトアクションの為初心者には安全な銃です、セミオート(半自動小銃)の場合弾の装填は自動で行われるためトリガーをひけば弾は自動的にいくらでも発射します、このライフルはボルトアクションの為1回撃つごとにボルト操作が必要です
リアルカンパニーではフィンガーセーフティーを推奨しています、大事なことは必ずターゲットに銃を向けるまではトリガー、トリガーガードから指を外しておくということです、これは必ず守ってください、初心者の方にはセーフティーボタン等を掛けることで余計な操作が増え事故に繋がる可能性もあります、銃の操作はシンプルが1番です
モシンナガンライフルのボルトの外し方ですが軍用ライフルらしくとてもシンプルです、トリガーを引きながらボルトを後方にひくと簡単に取り外せます、ボルトをつける時も引き金をひきながら今度は前方に押し込むことでボルトは取り付けられます
照準ですがモシンナガンライフルにはダットサイトを取り付けています、銃についている照星は無視してください、ダットサイトの赤い十字形の照準に合わせてください
YOU TUBE リアルカンパニームービー
第2次世界大戦 ソビエト連邦 制式支給ライフル 
モシンナガン M1891/30 
Vintovka Mosina MOSIN NAGANT Rifle M1891/30

YOU TUBEムービーはこちらをクリックしてください
リアルカンパニーに掲載の資料・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は米国の著作権法並びに国際条約により保護されています
ユーゴスラビア製 軍用弾です、木製のケースを開けると2つの金属製容器に入った弾が400発ずつ分かれています、これは専用の缶きりで開けます
弾薬箱についてくる専用の缶きり
軍用の7.62x54Rです、フルメタルジャケット 薬莢はスチール製
装填した状態です
モシンナガンのマガジンです、マガジンは装填式ではなく取り外しは出来ません、この写真はマガジン下部のリリースを外した状態です、ジャム(俳夾不良)などを起こしたときに外して弾を排出してあげます
次にボルト操作に移ります、モシンナガンライフルは単発式 ボルトアクションライフルですので射撃毎にボルトを引き装填、俳夾の操作を繰り返す必要があります
ボルトは上に45度引き上げてください、
全弾撃ち終わったら、必ずボルトをひき確認してください、ボルトをひきチャンバー内をオープンにすることで弾が入っていないかは確認できます、弾が入っていないことを確認してからボルトはオープンのまま射撃を終え銃を机に置いてください、
これで射撃の流れは終了です、
2014年バージョン 第2次世界大戦 ソビエト連邦 制式支給ライフル モシンナガン M1891/30 Vintovka Mosina MOSIN NAGANT Rifle M1891/30 
射撃ツアー紹介ムービーです、モシンナガンライフルの反動の大きさを実感出来るムービーに仕上げました
第2次世界大戦 ソビエト連邦 制式支給ライフル 
モシンナガン M1891/30 

Vintovka Mosina MOSIN NAGANT Rifle M1891/30
1942年製造の刻印があります、あとは製造番号、
製造工場などのインフォメーションです
弾の入っていない状態のチャンバー内です
モシンナガン ライフル スパイク型銃剣です、これは着剣状態での使用が前提に考えられていた為、銃剣を着剣した状態で照準は調整されていました、ですので銃剣を外した場合は照準の再調整が必要です 銃剣の長さは42cmと長大なものです

45度下方にボルトを押し込みボルトが閉じた状態ですこれで射撃可能となります、必ずフィンガーセーフティーを守りまだトリガーガードの中に指を入れないでください

モシンナガンライフル スパイク型銃剣
モシンナガンライフル 弾入れ レザー(皮)製
次にいよいよ装填となります、写真のように上からマガジンに押し込むように7.62x54R弾を装填していきます、この時に気をつけて欲しいのは弾の後縁がきちんとマガジン内にはまり込んでるか確認してください、弾の後縁がきちんとはまってない場合はジャム(装弾不良)の原因になりますマガジンには5発の弾が装填できます
弾を装填した状態です、弾の後縁がきちんと合ってることを確認してください
ボルトを前方に移動させ、次に45度下方に押し込みます
ボルトアクションライフルの為、1回発射したらまた次の弾を撃つ為にはボルト操作が必要です、撃ったらまたフィンガーセーフティーに戻し、ボルト操作を行います、ボルトハンドルをまた45度上に上げてください
次にボルトハンドルを後方に押し下げます、この時に弾は俳夾されます、ボルトを押し下げると同時に弾は飛び出してきます、これで俳夾されますのでまた同じ作業を繰り返します、
ボルトを前方に押し上げることで次弾が装填されますので弾が確実にチャンバー内に送り込まれたのを確認しつつまたボルトを45度押し下げます、これで次弾は装填されまた射撃可能になります、ここで大切なことは必ず全弾撃ち終わってください、装填したまま銃を置きますと事故の原因となります、